白い紙と鉛筆さえあれば、ずーっと絵を描いているような子どもでした。

頭の中はいつも空想(妄想)でいっぱい、それを追いかけるように絵を描いていました。

親戚が集まると、よく「クジラが木に登ってる絵描いて」とか

「ネコがネズミに追いかけられてる絵描いて」とみんながリクエストしてくれるので、

ますます得意になって描いていました。

それが、そのまま仕事になるなんて、あの頃は思ってもみなかったけれど、

無理難題をリクエストされたときのちょっとワクワクする気持ちや、

褒められたときの嬉しさは、今も同じです。

石崎伸子

1966年 大阪生まれ。

デザインプロダクション、広告代理店でデザイナーとして勤めたのち、

1996年よりフリーランスイラストレーターとして活動を始める。

日本イラストレーション協会(JILLA)会員

主な取引先

株式会社学研

株式会社チャイルド本社

株式会社現代書林

宝島社

ナツメ社

文藝春秋

西東社

主婦と生活社

他多数。

かわいくて、コミカルで、わかりやすいイラストが得意です。

趣味は、お茶とボクシング。

双子の息子がいますが、それぞれ独立しましたので、今はネコの親子(ぽんず&ごまだれ)との3人暮らしです。

pg.jpg